会長挨拶

2018-19年度

土浦南ロータリークラブ会長方針


土浦南RC 18-19会長 稲野邉穣.jpg

土浦南ロータリークラブ 会長方針

会長 稲野邉 穣

本年度、土浦南ロータリークラブ会長を務めさせていただきます稲野邉です。
この歴史あるクラブ会長としての大役、身の引き締まる思いでございます。
高野和彦幹事、阿部彰SAA、役員の皆様と一致団結して、先輩方の築いた
素晴らしい歴史ある南クラブを活気ある地域社会のリーダーとしてさらに発展させてまいりたいと願っております。

さて、2018-19年度RI会長、バリー・ラシン会長の「インスピレーションになろう」というテーマのもと、高橋賢吾ガバナーの「ロータリーの心と力を地域社会へ」と目標を設定されました、この二大スローガンのもと南クラブ発展の為、微力ではありますが、全心全力で尽力してまいります。

まず、今年度の目標として、
① クラブ内のコミュニケーションのさらなる活性化
② 益々力強い南クラブを作るための会員増強
③ ロータリー財団及び米山記念奨学会寄付のクラブ目標を達成
④ 東風インターアクトクラブの充実、土浦南ローターアクトクラブの会員増強
⑤ 地区補助金の活用(茨城国体に向け、霞ヶ浦文化体育会館へのデジタル時計寄贈)
これらを目標に掲げ、1年間活動してまいりたいと思います。

次年度は、クラブ創立55周年の節目にあたります。55周年記念行事を迎えるにあたり各委員会活動が重要なポイントになると考えております。各委員長の皆様にご協力をいただき、先輩方が長年築き上げた礎を汚さぬよう、今年度の事業活動を全会員の皆様と共に進め、会長としての責務を果たしてまいりたいと存じます。
1年間のご協力をお願い申し上げ、会長方針とさせて頂きます。

会長 稲野邉 穣

Copyright ©  2019   土浦南ロータリークラブ  All rights reserved.